• セントラル・リーグ
  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 広島東洋カープ
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • パシフィック・リーグ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 侍ジャパン

日本野球機構オフィシャルサイト

SMBC日本シリーズ2021

デイリーリポート

第1戦

オリックスが2点差をひっくり返し、サヨナラ勝ちで初戦白星スタート、ヤクルトは守護神・マクガフの乱調が響く

 11月20日、SMBC日本シリーズ2021が京セラドーム大阪で開幕した。前年の最下位からリーグ制覇したヤクルトとオリックスが対戦。ともにクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを無敗で勝ち上がり、26年ぶりの激突となった。

 第1戦の先発はオリックスが絶対的エース・山本由伸、ヤクルトはCSファイナルステージ初戦の巨人戦で“プロ初完投初完封”を飾った高卒2年目の奥川恭伸。山本は初回に塩見泰隆を空振り三振、青木宣親を遊ゴロ、山田哲人を一ゴロで三者凡退と完ぺきな立ち上がり。直球、スライダー、フォーク、カーブとすべての球種の精度が高く、状態の良さを感じさせた。奥川は課題の立ち上がりで一番・福田周平に中前打を許して二死三塁のピンチを迎えたが、四番・杉本裕太郎をスライダーで中飛に仕留めてリズムに乗った。

 両投手とも毎回のように得点圏に走者を背負うが、決定打を許さない。好守も飛び出した。オリックスが2回に二死一、二塁の好機を作り、九番・若月健矢が右翼に大飛球を放つが、宮本丈がフェンスにぶつかりながらも好捕。抜ければ2点が入った一打だったが、ファインプレーで先制点を許さない。山本も3回一死一、二塁のピンチでトップギアに入った。三番・山田、四番・村上宗隆を140キロ台の高速フォークで連続空振り三振。奥川も一歩も引かない。5回二死一、二塁のピンチで三番・吉田正尚を150キロ直球で中飛に打ち取りスコアボードにゼロを並べる。

 緊迫感漂う投手戦が続く中、先制したのはヤクルトだった、6回一死一、二塁で六番・中村悠平が150キロの直球をはじき返す中前適時打。「絶対に先に点を取りたいという気持ちがありました。みんなが初回から何とかしようという気持ちが強かったし、打席の中でみんな粘って後ろにつなぐ気持ちが山本投手の球数にもつながったと思います」と振り返る一打で試合の主導権をつかむ。

 奥川は150キロ台の球威十分の直球にスライダー、フォークを交えて尻上がりに安定していくが、7回に手痛い一発を浴びる。代打・モヤが高めに抜けた129キロのスライダーを右中間席に運ぶ同点ソロ。日本シリーズ初打席で代打本塁打は史上4人目の快挙だ。「甘く入ってきたボールをしっかりと捉えることができたし、打った瞬間(スタンドに)入ってくれると思ったよ! 大事な場面で打てて最高だね! でも、まだまだ試合は続いていくし、しっかりと切り替えてチーム全員で頑張っていくよ」と盛り上がるベンチで満面の笑みを浮かべる。この試合で唯一の失投に、奥川はマウンドでしゃがみこんだ。

 オリックスは山本が6回まで毎回の9三振を奪い、5安打1失点で降板。「全体的にランナーを許しながらの苦しい投球となってしまっていたと思います。中盤までは何とか粘りながら投げることができていたと思いますが、最後(6回)、甘く入ってしまったボールを打たれてしまって悔しいです」と無念の思いを口にしたが、十分に合格点をつけられる内容だろう。同点に追いついた7回からオリックスは継投策に入る。吉田凌が無失点に切り抜けるが、8回にヒギンスがつかまった。先頭の山田が左前打で出塁すると、四番の村上が139キロのチェンジアップを振り抜くとバックスクリーンに勝ち越し2ラン。奥川は7回まで6安打1失点の快投。球界を代表する右腕・山本と互角に投げ合い、村上の一発で勝負あったかに見えたが、9回に劇的なドラマが待っていた。

 オリックス打線が守護神・マクガフに襲い掛かる。先頭打者・紅林弘太郎が右前打で出塁すると、代打のジョーンズが7球粘った末に四球を選び、続く福田の犠打が野選を誘う。無死満塁と好機を作り、宗佑磨がスプリットを中前にはじき返す2点適時打で再び同点に追いつく。押せ押せムードの中、試合を決めたのは吉田正だった。153キロ直球を強振すると、打球は中堅・塩見の頭上を越えるサヨナラ打。敗色濃厚の展開から鮮やかな逆転サヨナラ勝利でオリックスが4対3と初戦を制した。

SMBC日本シリーズ2021 第1戦

2021年11月20日(土)
京セラD大阪 ◇開始 18:05 (3時間46分) ◇入場者 19,297人

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
東京ヤクルト 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3 9 0
オリックス 0 0 0 0 0 0 1 0 3x 4 10 1
バッテリー
【ヤ】 奥川清水、●マクガフ(0-1) ‐ 中村
【オ】 山本吉田凌ヒギンス、○比嘉(1-0) ‐ 若月伏見
本塁打
【ヤ】 村上 1号(8回2ラン ヒギンス
【オ】 モヤ 1号(7回ソロ 奥川